参院選比例代表区に出馬している三宅洋平氏について。

三宅洋平

今日は今話題になっている三宅洋平さんについての投稿です。
今週の日曜日は、参議院選挙の投票日。今回の参院選は、ネット選挙解禁一発目の選挙という事もあり、個人的にもとても注目しています。

そんな歴史的な参院選の選挙運動の真っただ中、「政治をマツリゴトに」を合い言葉に、比例代表区から出馬した三宅洋平さんがネットで話題になっています。

ミュージシャンや音楽に詳しい方なら、誰もが知っている音楽家の三宅洋平さん。自分も何年も前から彼のファンでした。LIVEも何度か見に行って、彼の音楽、発言をずっと聞いてきました。

ミュージシャンが選挙に立候補し、原発に反対する事はとてもリスクを伴います。おそらく、既存のマスメディアにミュージシャンとして出演する事は今以上に厳しくなると予想されます。

それをわかった上で、3.11の地震が起こる前から原発反対や沖縄の米軍基地問題にNOを言い続けてきた三宅さんを心から尊敬するとともに、いつも勇気をもらっていた気がします。

音楽家であり政治家の喜納昌吉さんの言葉で「すべての武器を楽器に」という言葉があります。
私が大好きな言葉です。この言葉を知った切っ掛けが、喜納昌吉さんの選挙演説で唄っていた三宅さんの存在でした。

三宅洋平って誰??

三宅洋平(みやけようへい / Yohei Miyake、1978年7月24日 – )は、音楽家。ベルギー生まれ(岡山系山形移民2世)・日本人。早稲田大学第一文学部出身。

90年代後半から10年余り、伝説的なレゲエロックバンド”犬式 a.k.a.Dogggystyle”のフロントマンとして活躍した後、様々なソロ活動を経て2010年満を持して”(仮)ALBATRUS”を結成。その期待値の高さから、音源未リリースにも関わらず様々なフェスへ引っ張りだことなり、その圧倒的なライブパフォーマンスと昨年発表された1stアルバム”ALBATRUS”は各方面で絶賛されている。

デビュー時よりライブやネットを通じて社会に対するメッセージを発し、国内の原発問題にも事故以前からアクティブな動きをみせていた。そのため、衆議院選挙で立候補の打診を受けたことを切っ掛けに、「政治に参加し、政治をアート」する姿勢を明確に打ち出す。

2013年3月、政治団体『日本アーティスト有意識者会議(略称 NAU)』を登録。
「日本社会の価値観を多様にひらく」必要を感じ、参議院選挙へ緑の党からの推薦を受け、比例代表で立候補を正式に表明した。

三宅洋平 – Wikipedia

三宅さんは、「選挙フェス」と銘打って、本人演説&LIVE+三宅さんに賛同するミュージシャン達みんなで音楽を通して、文化の大切さ利権や戦争の無意味さを訴える「唄う選挙演説」が全国各地で行っています。

三宅さんの政策ビジョンは…

①文化を最大の輸出品に!
②復興は補償から
③除染から廃炉ビジネスへ
④送電線から蓄電技術へ
⑤消費増税より金融資産課税を
⑥大規模農業から家庭菜園へ
⑦官僚主権から住民主権へ
⑧破壊の公共事業から再生の公共事業へ
⑨憲法9条を世界遺産に

今回の選挙の争点になっているTPPには反対。原発再稼働にも反対の意見を表明しています。

一人ぐらいこういった人が国会にいてもいいと思うんですよね。三宅さんの言葉はシンプルでとてもわかりやすい。

理想論と言いたい人もいると思うけど、理想の無い政治家に一票入れたいですか?

三宅さんなら、僕らの声を国会にちゃんと届けてくれる気がするんです。


TPP/親告罪から非親告罪化への流れ

少し三宅さんから話が離れますが、TPPについて少し話したい事があります。

「TPP」というと関税撤廃ばかりに目が行きがちだけど、著作権侵害の項目が存在し、親告罪から非親告罪化に変わってしまう恐れがある事を、一般市民も絶対に知っておく必要があると思います。

今、日本の著作権法は「親告罪」なので、著作権者が告訴しないかぎり、処罰は無いです。だから、クラブ営業やDJという職業が成立している訳です。

しかし、TPPに参加する事で、親告罪から非親告罪に法律が変わり、著作権者から告発なしで警察による摘発や刑事罰の適用が行えることになってしまう可能性があります。

そうなると日本のあらゆる文化が衰退し、DJはもちろん、コスプレなんかも完全にNGです。これでは、クールジャパンどころじゃないです。

これって誰得なんでしょうか??どうせ利権ズブズブのおっさん達なんでしょうね…。

もっと詳しく知りたい方は↓
TPP交渉、著作権保護期間延長や非親告罪化を阻止するのは国民の関心

場合によっては日本がTPPに参加する事で、ベネフィットを得られる人もいるかもしれませんが、自分の身近な問題として考えた時、絶対に賛成することはできません。

それぞれの立場によって、自分にどういう影響があるのか?という視点で考えればいいと思うんですよね。そして、それぞれの立場を受け入れて議論する。

民主主義とは?

民主主義とは…

「民主主義とは国民が政治に参加する最悪の方法である。
だが、それ以外に国民が政治に参加する方法を人類はまだ発見していない。」

サー・ウィストン・チャーチル

僕らは、民主主義国家の国民です。最悪な方法かどうかはわからないけど、参加することでしか変える方法はないということは自明の事実。

選挙への不参加は、参加する事よりも最悪な事だと思います。

関連サイト

NEVERまとめ/参院選全国比例区に出馬、三宅洋平の選挙フェスが熱すぎる件

三宅洋平 OFFICIAL WEB SITE

三宅洋平 (仮)ALBATRUS オフィシャルブログ「三宅日記」Powered by Ameba

三宅洋平 / Yohei Miyake (MIYAKE_YOHEI) on Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。