Facebookメッセージに転送機能が…。

messenger

最近、電子メールを主に使っている方は、どれくらいいるのでしょうか?


仕事用で電子メールを使っている方はまだまだいらっしゃると思いますが、プライベートではLINEやFacebookメッセージが主流になっているように感じます。


私自身はというと、プライベートな連絡のやり取りだけではなく、仕事のメールでも少しずつFacebookメッセージに移行してきています。検索がかけられない等の使いづらい点はまだ多くありますが、何よりもスピードを重要視している為、チャット感覚でスピーディーにやり取りができることがとても気に入ってます。

本エントリーでは、Facebookメッセージの機能であまり知られていないかな?と勝手に思っている機能を紹介します。

Facebookメッセージの転送機能を紹介。

Facebookメッセージには、転送機能が付随しています。スマフォのアプリケーションにはこの機能は付いていないので、MacやPCで確認してみてください。

二人でメッセージのやり取りをしていて、後でその内容を第三者に共有したい場合にとても重宝する機能です。では、一つずつ解説していきます。

tenso1

まずは、ホームページ左端の「メッセージ」をクリックしてください。ぼかし多めですみません…。

tenso3

そうすると、受信箱の一覧が出てきます。この中から転送したい内容が含まれている項目を選択してください。選択しましたら、右上にある「アクション▼」をクリックし、「メッセージを転送」を選択します。

tenso4

選択したら、各メッセージ左横に四角囲みが現れます。転送したいメッセージの四角囲みにチェックを入れてください。

tenso5

すると、新規ページが表示され、そこに転送先を検索できるスペースが現れます。宛先を選択したら、メッセージを添えて第三者に転送することが可能です。

メッセージのやり取りの途中、誰かを追加する事は可能なのですが、途中から追加された人にとって、タイムラインを追うことは、とても億劫だったりします。ですので、要点だけまず転送し、そこから参加してもらう方が色々とスムーズに行くのではないでしょうか。

話の流れで「○○にも共有した方が良さそうだな!」となった場合や、キャパオーバーで仕事を他者にふるときなど(笑)にとても役に立つと思います。ぜひ、一度試してみてください。

あとは、検索機能が整えば…早く対応する事を切に願います!!

Facebookメッセージに転送機能が…。” へのコメントが 2 点あります

  1. メッセージを選んで、アクションリストをクリックしても、メッセージ転送の項目がリストにない場合はどうすればよいですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。