Twitterキーワードに基づいてターゲティングする広告機能を発表。

keywordtargeting
Twitterが4月17日(米時間)に広告ツイート「keyword targeting in timelines」を追加したと発表した。

今までのTwitterの広告機能と何が違うのか簡単に説明すると、Twitterを使用している人は見た事があると思うけど、ツイートの中に黄色の「プロモ」マークがついているツイートを確認した事があるだろう。 それはTwitterの「プロモツイート」と言うもので、ユーザーのフォローしている傾向を分析して、ユーザーの趣味趣向に関連したものが最適化され表示されていた。

「keyword targeting in timelines」はそれとは違い、フォローの傾向ではなく、ツイートの内容自体を分析の対象としたキーワードターゲティングを設定することができる機能である。 しかも、このターゲティングツールは、ツイートした内容だけではなく、ユーザーがリツイートしたり、お気に入りに登録したツイートも対象となる。

そりゃ高いエンゲージメントが達成されるだろうな〜機会があったらやってみたいな〜と思う。誰か機会をくださいw

でも、個人のミュージシャンとかは使わないだろうな。いわゆるメジャーシーンのレーベルが使う可能性があるだけじゃない。しかも、メジャーシーンだったら他のメディア広告いっぱい使うだろうから、これ使う意味はあまり無い気がする…本当に好きだったらコンサートのチケット情報は、チケットぴあとかでアラート機能使ってると思うし。

TwitterBlogでアーティストを例に上げていたから、ちょっと考えてみただけだけど。

例えば、アーティストが大阪でコンサートを開くとしましょう。広告主がアーティストに関連するキーワードと地域を設定しておくことで、関西でそのアーティストの新曲についてツイートしているユーザーのタイムラインに、コンサートのチケット情報のツイートを表示することができるようになります。
〜Twitterblogからの引用〜

Googleもそうだけど、マクロではなくミクロに視点を置いた広告サービスが主流になってきている。個々の趣味趣向に合わせてカスタマイズされた情報が向こうからやってくる。ソーシャルメディアも検索エンジンもすべて自分好みにカスタムされていく。

それが良い事か悪い事かは別として、SNSの隆盛があってこその機能だと思うので、やはりSNSの登場は私たちの生活に大きな変化をもたらしているな〜と改めて思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。