RYOTA AOKI Exhibition

RYOTA AOKI Exhibition

少し前になりますが、RYOTA AOKI Exhibitionを見に六本木ヒルズA/Dギャラリーに行ってきました。

彼のことを知っている方も多いと思いますが、青木良太さんは陶芸界の若手で今一番注目されている方だと勝手に思っています。陶芸についてあまり詳しくないので…直感で一番いいなと思うのが彼の作品。

岐阜県の土岐市に工房を構え、国内外で高い評価を得ている青木さん。 工房ではいつもHIPHOPが爆音でかかっていて、陶芸家の工房とは思えない環境(笑) そんな突き抜けてる感じが彼の作品に興味が湧いた切っ掛けでした。

青木さんは、Twitterなどでよく「陶芸と心中する。」といっています。 「心中」したいと思える様な物に出会えていることはとても素敵な事だし、逆にそれだけ時間と集中力を捧げる事のできる物でないと大成することは難しいのだと感じます。

彼の作品を見るたび、いつも甲本ヒロトの言葉を思い出します。 『オトナはやりたい事をやり続ける為に、やらなくちゃいけない事があるってわかってる。だから、やりたいことをやるってことは、特別な事ではないんだよ。ただ、やらなくちゃいけないことをやっていないだけなんだ。』と。

細かいところは違っているかもしれませんが、昔のインタビューで言ってました。 まずは、心中したくなる程、好きな物と出会う事。そして、それをやり続ける為に必要なもの、ことをちゃんとやる。すごくシンプルだけど大事なことだなって思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。