大月壮&2.5Dプロデュース世界初のシステム 「ストリートサイファー2」を体験。

street_cypher2

今日は、オタイレコードのようすけ管理人と、渋谷パルコに拠点を置き、10年代の新しい日本のポップカルチャーを再構築することを目的にした、ソーシャルTV局『2.5D』に、見学&打合せに行ってきました。

今回、見学させて頂いたのは、格闘ゲームの中でMCバトルをやってみよう!といったコンセプトで作られた『ストリートサイファー2』です。

ストリートサイファー2は、マイクロソフトが開発したKinectというディバイスを使用し、人のシルエットを切り抜き、そこにCG映像合成を重ね合わせて、Kinectで認識したラッパーが、格闘ゲームの中でMCバトルを行う『MCバトルシステム』です。

また、スマフォのGPS機能を併用する事で、オーディエンスもラップバトルに参加できるようになっています。

オーディエンス自身が、かっこいいと思ったラップに対して、スマホを振ると、「Hoo!パワー」が画面下部の「Hoo!ゲージ」に溜まり相手へのダメージとなる仕組みになっています。また、2.5Dのスタジオにいないオーディエンスは、配信WEBページ上に用意された「Hoo!ボタン」をクリックすることで戦いに参加することが可能になります。

言葉で説明し辛いので、映像を見てもらった方がわかりやすいかもしれません↓↓

street cypher 2 mc battle system – about from sou on Vimeo.

自分の動き次第で、色々な技をビジュアル的に表現してくれるシステムには、かなりテンション上がりました!!(笑)

テンションが上がって、波動拳を出すオタレコようすけ管理人(笑)

2.5d_5

両腕を上げる事で、防御も可能!恐ろしく弱そうな自分…

2.5d_2

ストリートサイファー2は、MCバトルに特化して作られた物ですが、例えば、ダンスバトルやDJバトルなど、MCバトル以外でも、様々なシチュエーションでコラボレートする事が可能になってきます。

あらゆる可能性を秘めているこのシステムに、2人とも興味津々。

まだ、何も決まっていませんが、ひょっとすると、何か一緒にコンテンツ制作ができるかもしれません。

こういった、ワクワク感を与えてくれる技術や人との出会いは、本当に貴重です。ある出会いが切っ掛けで、そこから新しい何かを構築し、創造から得られる幸福感を意識する事は、とても大事だな〜と改めて感じました。

ストリートサイファー2の開発や、自社制作のストリーミング配信、MTV81の映像制作、CDジャケットのデザイン、Web制作などなど、本当に幅広く活動されている2.5Dさん。

2.5Dさんの意義深い活動を、今後も応援して行きたいと思います。

お忙しい中、事細かにご説明頂いた、2.5Dの比留間さん、飯寄さんありがとうございました!!

2.5D Official Web Site

2.5Dエントランス前で記念写真。

2.5d_3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。